協議会の紹介

森

安心

昨今、住宅着工件数が減少する中で、ツーバイフォー住宅は着実にその着工数を伸ばしております。
これは、ツーバイフォー住宅建設に関連する行政・業界の不断の努力の賜と思われます。

ツーバイフォー住宅は需要者から高品質の住宅であるとの評価を得ておりますが、これは建設省告示により、同住宅にはJAS製品の使用が義務付けられていることが品質確保の一助になっているものと思われます。

このため、ツーバイフォーランバー業界の今後の発展を図るためには、実態に即応したJAS制度の運用が重要であり、業界としてその運用に多大な関心を持つ必要があると思われます。

また、このたびのJASの改正に見られるように、国外においてもJAS承認認定工場が認められる等、JAS制度をとりまく環境も刻々と変化し、業界としてもこれらの情勢を踏まえた適切な対応が望まれるところであります。 ・・・・設立趣意書(S.59.7.6)から

会の設立以来、ツーバイフォーランバーの国内唯一の任意団体として、日本の代表的なコンポーネントメーカーが結集して独自な活動をして参りました。

この間、私たちは、日本に於けるツーバイフォーランバーの品質確保に貢献してきたと自負しておりますが、地球温暖化問題への国際的な対応など新たな課題に取り組みつつ、今後ともより安心な2×4住宅の生産に寄与してまいる所存です。

協議会の概要

  • 日本ツーバイフォーランバーJAS協議会  (略称)2×4JAS協
    Japan 2×4 Lumber JAS Council

  • 東京都千代田区永田町2-4-3永田町ビル6F

  • 昭和59年7月6日

  • 会員相互の連携協調を図り、関係官庁との連携を密接に保ち、業界共通の問題に対処するとともに業界の要望を踏まえたJAS制度の運用を図り、もってツーバイフォーランバー業界及び関連業界の発展に寄与し、国民生活の向上に資することを目的としています。

  • 会員資格:通常会員協議会の会員資格は、枠組壁工法構造用製材工場およびツーバイフォーランバーの加工組立工場である者とします。 必ずしもJAS認定工場であることを要しませんが、品質管理、生産技能においてJAS制度が求めるレベルにある者とします。
    賛助会員本会の趣旨に賛同するものを賛助会員とします。

    1. 1) ツーバイフォーランバー業界の健全な発展のための意見の具申または建議
    2. 2) ツーバイフォーランバーならびに加工組立技術の研究開発および調査
    3. 3) 枠組壁工法構造用製材のJAS制度の普及および運用に関する行政官庁、登録認定・格付機関およびその他関係団体との密接な関係調整
    4. 4) 各種研修会、技能競技大会
    5. 5) 会のPR、会員相互の連絡協調

  • 1月から12月まで(暦年)

組織票

組織表

役員

役 職

氏 名

所 属

会 長

渡 部 一 廣 三井ホームコンポーネント株式会社 代表取締役社長

副 会 長

後 藤 隆 一 一般社団法人全国木材検査・研究協会 理事長

副 会 長(近畿支部長)

津 田  潮 津田産業株式会社 代表取締役社長

副 会 長

吉 津 耕次郎 株式会社三菱地所住宅加工センター 代表取締役社長

副 会 長

大 島 慶 三 ウイング株式会社 常務取締役

理 事(関東・東北支部長)

斉 藤 一 男 株式会社ランバーテック 代表取締役社長

理 事(東海・北陸支部長)

西 長四郎 太平ハウジング株式会社 代表取締役社長

理 事(中国・四国支部長)

寒 川 起 佳 株式会社紀 陽 代表取締役社長
理 事 久 保 隆 一 プライムトラス株式会社 代表取締役社長

理 事

長谷川 健 治 株式会社長谷川萬治商店 代表取締役社長

理 事

鈴 木 龍一郎 大日本木材防腐株式会社 取締役社長
理 事 岡 本 一 郎 岡本設計工房株式会社 代表取締役社長

監 事

平 田 恒一郎 ナイス株式会社 代表取締役社長

監 事

大 原 寛 信 王子木材緑化株式会社 代表取締役社長

参 与

清 水 眞 長 一般社団法人全国木材検査・研究協会 検査部長

日本ツーバイフォーランバーJAS協議会
〒100-0014 東京都千代田区永田町2-4-3 永田町ビル6階 (一社)全国木材組合連合会 内
TEL. 03-3580-3215 FAX. 03-3580-3226
ホームページ http://www.2x4lumber.jp

●交通案内
銀座線、南北線「溜池山王」駅下車、
8番出口から徒歩3分。
丸の内線、千代田線「国会議事堂」駅下車、
駅の案内に従って溜池交差点方面に出てください。
徒歩7分

PAGETOP